トイレットペーパーは意外と詰まりやすい!

トイレの使用後、原則としてトイレットペーパー以外のものを流すことは許されていません。許されていないというのは、人間の意識の問題ではなく、トイレの規格上の問題、つまりは処理能力の問題です。逆にいえば、トイレットペーパーであれば、流してもパイプで詰まらず、浄化槽でうまく浄化できるように計算されていることになります。

 

ところが、特に大家族のご家庭などでは、トイレットペーパーの使用料も多くなり、うまく浄化できないケースも起こりえます。というのも、トイレットペーパーはあくまでも、できる限り浄化を邪魔しないという意味合いで採用されているツールです。ですから、トイレットペーパーならどんどん浄化しますよ、というニュアンスははじめからありません。

 

トイレットペーパーがうまく浄化されないときには、どうしてもトイレが詰まりやすくなります。キッチンや浴室でも、石鹸や食べ物、毛などが排管パイプの詰まりの原因になりますが、トイレの場合、トイレットペーパーが原因で詰まることが圧倒的に多いです。

 

もちろん、トイレットペーパー以外のものが流されると、そのリスクは一気に上昇します。ですからトイレの使用後は、トイレットペーパー以外のものは絶対に流すべきではありません。それはともかくとして、詰まってしまったあとの対処が、トイレに関しても非常に重要になります。

 

 

無理に流さないで!トイレの詰まりの対処方法は?

あの音からも想像できるとおり、トイレの水勢はかなりのものですから、トイレが多少詰まったとしても、水の勢いに任せて一気に流してしまえばうまく流れるのではないか・・・などと考えがちです。

 

もちろんその可能性もゼロではないのですが、確率的には、逆効果になってしまうほうが大きいでしょう。それならば、イチかバチかで流してしまうのではなく、トイレが詰まったときには無理せず冷静な対処が必要になります。

 

古典的なところでは、ラバーカップ(柄つきの黒いゴムのカップ)を活用すると、水の逆流の効果によって詰まりが解決できることもありましたが、近年はトイレの構造が詰まりにくく進化しているので、ラバーカップ自体をあまり見なくなりました。

 

ということで、トイレが詰まってしまったケースでは、専門の業者に依頼してトイレの詰まりを解消してもらうという方法が一番無難であり、確実でもあるでしょう。とにかく無理をしないこと、これが非常に重要です。

 

 

Copyright © 水道の水漏れだけではない!トイレの詰まりの問題. All rights reserved.